2019年1月22日火曜日

ゴッホ、シャガールの絵は上手いのか? No.2

ルネサンス絵画の技法の点では

(1)線遠近法
(2)空気遠近法
(3)スフマート・・・・・輪郭線を用いずに絵を描く、薄塗りを重ねる法
(4)絵画に人間性を盛り込む

・・・・・これらは、マサッチオ、チマブーエ、ジョット、ドナテルロなどによって創始されて、リッピを経て、ボッテェチェリにへと発展します。


そして、登場するのが、ルネサンス中期(盛期)の三大巨匠、レオナルド、ミケランジェロ、ラファエロですね。

とにかく、絵が当時の画家の中でも超越しています。そして、絵画史においてもレベルの高さという点で、500年以上もトップクラスを維持したままです。


歴史的に最高レベルの作品を列挙してみます。



ダビンチ1・・・・・・受胎告知



ダビンチ2・・・・・・テンを抱く女



ダビンチ3・・・・・・・・・聖アンナと聖母子



ダビンチ4・・・・・・・・最後の晩餐




ダビンチ5・・・・・・・モナリザ







ミケランジェロ1・・・・・・・ダビデ像



ミケランジェロ2・・・・・システィーナの天井画



ミケランジェロ3・・・・・・最後の審判






ミケランジェロ4・・・・・ピエタ


No.3へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム